どの問題から始めるか

中学受験の国語の問題には必ず漢字、四字熟語などのとにかく覚えていれば点数になる問題と文章をじっくり読んで文章の内容に答える問題があります。中学受験の国語の試験はどの問題から始めるのが効率的なのでしょうか?

取れる問題は全部取るという考え方をすれば、簡単な問題から始めるのが合理的です。まずは、覚えていればとにかく得点につながる、漢字や四字熟語から始めます。これらの問題を解くときにはとにかくわかるものを先に答えていきます。わからない問題を飛ばすことに躊躇は不要です。何となく記憶の片隅に残っているような問題には余白に印や、コメントを書いて飛ばしていきます。

自分が簡単だと感じる問題から解いていきます。簡単な問題の中でも配点が高い問題から解いていけば得点率は上がっていきます。じっくり読むタイプの問題の解答を書き終わったところで、さっき印をつけた、思い出せそうな問題に挑みます。

気を付けたいのは、簡単だと感じた問題の時にポカミスが出ます。簡単だと感じた問題の時にはとにかく早く片付けてしまいたい気持ちが働いて、迂闊な間違いをしてしまうのです。特に解答欄を間違えるのは致命的です。もし、何らかの配慮が受けられるとしても、注意力が乏しいと評価されてしまうのは間違いのないことです。簡単な問題といえども油断は大敵です。